2008年11月09日

今更ギアス最終回感想

先日最終回を迎えたコードギアス、私は二期中華編に入ったあたりで見切りをつけていました。
本編を見なくともネットで情報収集はしていたので、大体のストーリーは知っていましたが。
スザクがトーキョーに核爆弾を落とすらしい(正しくはフレイヤ)と聞くと
見なくて正解だったなと確信し、
スザクがルルーシュと手を組むと聞いた時には、
ルルーシュの奴最後は背後から刺されて死ぬんじゃねーの?と予想していました。
なのである意味最終回は予定調和だったわけですが、
悪行の数々、そこに至るまでの無茶苦茶な過程をすっ飛ばして視聴したおかげか、
清清しいまでのガチホモエンドに感動すら覚えました。
もうルルーシュのアンチ止めてもいいやと思えるほどに。

ルルーシュとスザク、共犯者の二人が力を合わせ新しい世界の秩序を作り上げたという結末は
種なんかよりずっと濃度が高いやおいに思えました。
(私が言うやおい臭とは、男同士の深い絆を描けている意味で一応誉め言葉でもあるのです。
しかし一人の独裁者が消えたからって世界が平和になるかー?という突っ込みは置いておこう)

更にルルーシュの理解しがたい言動も、彼がツンデレガチホモだと解釈すれば納得がいく。
例えば「ギアスは願いだと思わないか?」と言う台詞。
普通に考えれば今まで大勢の人間の意志をねじ曲げ、不幸に陥れてきたお前が言うか!ですが、
この言葉がスザクただ一人に向けられたものだとすれば…。
ルルーシュが相手を思いやって使用した数少ないギアスが一期でスザクへ向けた「生きろ!」
それは異常なまでにスザクへの執着を見せていた彼の純粋な「願い」でした。

時間がないので続
posted by backtoCE71 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記&告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

今日だけは外せない

なんかすごく久しぶりの投稿だけど…
アスラン誕生日おめ!!

この後今更ギアス最終回だけ感想書こうかなと思ったり
posted by backtoCE71 at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | アスラン・アスカガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月27日

種キャラソート

こんな結果に。
アスランとアレックスは同じでいいんだけど

1 アスラン・ザラ
2 アレックス・ディノ
3 カガリ・ユラ・アスハ
4 レイ・ザ・バレル
5 ハロ
6 ナタル・バジルール
7 アンドリュー・バルトフェルド
7 ハイネ・ヴェステンフルス
9 シン・アスカ
9 ルナマリア・ホーク
11 キラ・ヤマト
12 イザーク・ジュール
13 ディアッカ・エルスマン
13 ニコル・アマルフィ
15 タリア・グラディス
16 ミゲル・アイマン
16 アーノルド・ノイマン
16 ステラ・ルーシェ
19 レノア・ザラ
20 パトリック・ザラ
20 エザリア・ジュール
20 オルガ・サブナック
23 フレイ・アルスター
23 ムウ・ラ・フラガ
23 マリュー・ラミアス
23 ミリアリア・ハウ
23 ラウ・ル・クルーゼ
23 トダカ一佐
29 ラクス・クライン
30 馬場一尉
posted by backtoCE71 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 種周辺の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月30日

男性声優ソート

本当は100人バージョンをやるつもりだったのに間違ってしまいました。
やり直すのが面倒なのでこのままで。(一番下へ)

やっぱりアスラン効果で石田さんがトップ、昔から好きだった関俊さんが二番。イトケンと松風の高さが謎。
最近のアニメはそんなに詳しくないので、全体的に90年代に活躍した人が上位に来ています。
そして保志きゅんがこの順位!実はブリッコ・ショタ声を除けばかなり好きな声質なんです。
見ないと決めていたギアスも、彼が新キャラでどんな演技をしているのかな?と気になってyoutubeをのぞいて見ました。
…しかしギアスは一期と二期のつなぎに失敗してるよなあ。
ギアスの暴走や修羅の道など伏線丸投げで、一期はじめの状態にソフトリセットとは。
私よりずっと楽しみにしていた妹でさえ視聴切っちゃっただけのことはある。
視聴者の予想を裏切ることばかりに傾倒して、物語の整合性を犠牲にしているような感じがします。
妹曰く「2ちゃんねらーが作っているアニメ」だそうで。


1 石田彰
2 関俊彦
3 櫻井孝宏
4 保志総一朗
4 宮野真守
6 中村悠一
7 井上和彦
7 伊藤健太郎
9 緑川光
9 山寺宏一
11 杉山紀彰
12 檜山修之
13 福山潤
13 藤原啓治
13 松風雅也
16 大川透
16 小野大輔
18 置鮎龍太郎
19 草尾毅
20 うえだゆうじ
20 笹沼晃
20 下野紘
20 鈴村健一
20 諏訪部順一
20 関智一
20 谷山紀章
20 三木眞一郎
28 平川大輔
28 山口勝平
28 山崎たくみ
31 神谷浩史
31 杉田智和
31 鈴木千尋
31 高橋広樹
31 野島健児
31 森久保祥太郎

http://michi.2-d.jp/way/sort.htm
posted by backtoCE71 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記&告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月18日

他人事とは思えない

マンガや雑誌に埋もれ、仙台市の男性死亡 地震による可能性
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080616-00000914-san-soci

こちらの揺れは被害が出るほどではなかったけど
いまだに続く余震に(((((((( ;゚Д゚)))))))ガクガクブルブル

最近理不尽な事件が続く中、明るい話題といえば男子バレー五輪出場おめ!
監督の大の字ポーズはすっかり有名になり、選手達は時の人に。
なんか4年前の女子フィーバーを髣髴とさせるわ・・・
期待が大きい分、それを裏切った時の反動もまた大きいわけで。
監督はメダル狙うって言ってたけど、現実的には予選リーグ突破・ベスト8で十分合格点でしょ。

私は元は女子ファンですが、天井が見えてgdgdな状況にバレー自体飽き飽きしていました。
だけど昨年のワールドカップで男子の戦いぶりに心を動かされて鞍替え。
世界トップとの差は女子より大きいですが、日ごとに成長を感じさせるチームでした。
ブラジル戦、幻の7点は忘れないorz

また、今回の最終予選で万年ヘタレエースと思われた山本がようやく目覚めてくれて嬉しかった。
彼を使い続けた前監督も少しは報われた…かもしれない。

しかし植田ジャパンの旧体育会なノリは、人によっては旧態依然なバレー界の象徴とも感じたでしょう。
もし切符を獲得していなかったら、その辺を槍玉に挙げられただろうな。勝てば官軍ってほんとだわ。
posted by backtoCE71 at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記&告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月31日

月一生存報告。

ちまきはMGインパルス買ったのね……。
まだ種を覚えていてくれたんだ!嬉しい!(って、漫画デビュー作を忘れるわけがなかろう)

種は相変わらず劇場版情報が皆無なまま、グッズばかりが量産される状況が続いていますが、
皆様はどうお過ごしでしょうか。
今年はもう六月だというのに寒い…。ストーブが手放せない。

これからゲームの牧場物語でもやろうかなと思ってます。
主人公の名前はアスランで、飼い犬はシン
でも人に懐かないシンは犬というより猫だよなと思ったり。
posted by backtoCE71 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記&告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月30日

図書館戦争しか見ていないけど

アニメからの解脱が進行中のため。

自分を救ってくれた王子様にあこがれて、
彼のようになりたいと思う主人公…ウテナじゃないよ!
1話だけ見ましたが結構いい感じ
軍隊モノだけどコメディっぽい、ストーリーは意外性がなくてすごく王道っぽい感じがした。
石田キャラも出た!
アスランよりも西遊記の八戒に近い感じかな
posted by backtoCE71 at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記&告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

キラアス出演CM

00本編は見てないけど噂のCMはチェックしたよ!

http://www.youtube.com/watch?v=EUkilQNS5U0
http://www.youtube.com/watch?v=clLh7pUnhyw
http://www.youtube.com/watch?v=lROIIsciBI8

「お前ほんと自分好きだなあ」「はい!」爽やかな風が吹き抜けていきそうなキラさん
妙にオドオドしていたり空気読めてないアスランがかわいい
石田彰の演技力はさすがだ!と改めて思った
企画自体は自己満足臭が漂ってるけど、今ごろ面白い種ネタを提供してくださったのはありがたい…

え?シン…?彼の場合出演しないこと自体がネタだからいいんだ、たぶん
posted by backtoCE71 at 01:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 種周辺の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

石田祭り

最近なぜか石田さんの仕事ばかり追っかけてます。

今週金・土曜日の洋画劇場・タイタニックで石田ディカプリオを拝める!
噂には聞いていたけど見るのは初めて。
DVDでは別の声優さんが当てているので、日テレでしか見られない貴重なものらしいです。
今までB級ファンタジーの主役、「鯨を探して!」の天才ハッカー役や
実は歌が上手い黒人少年(笑)役の吹き替えは見たことがありましたが、
これは超有名作・俳優なのですごく楽しみ。

それと某海外ドラマの吹き替え、主役級で出演中だってことに今まで知らなかった!不覚!
ちょうどまとめて再放送をやってたのになー。

そしてついに公式サイトをオープンされたそうですね。おめでとうござます。
ファンにプライベートを見せたくない人だと思ってたのにどういう風の吹き回しだろうか…
posted by backtoCE71 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記&告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月28日

THE EDGE Desire 2巻

ジエッジシリーズもこれで最後。
表紙はシンとレイで、裏表紙にキラとアスランがいます。
今回描き下ろしのアスランはこれだけ…

カラー扉絵がステラとマユ。目次ページにラクスとカガリ、ギル・タリア・レイ。

サブタイトルはすべて英語で統一。
ダムAに連載していたのキラ、イザーク・ディアッカ、シンのアカデミー時代話と
描き下ろしで最終話のレイ、からなっています。


描き下ろし:CHILDHOOD's END(アニメ0〜50話)

まず思ったのはアスランとシンの心情はモノローグでたっぷりと語られたけど、
対照的にレイとキラの心情はほとんど言葉で表現されていなくて、
代わりに絵(演出)で見せているということ。

クールで感情を表に出さないレイ、
「俺より大人びているくらいだ」とドラマCDでアスランに言わしめた彼が、
心はギルやクルーゼと出会った幼い日のままだったというお話。

アカデミーを卒業し、初めて機体を与えられたレイだが、
インパルスがシンの手に渡ったことを疑問に思い、議長に理由を尋ねる。
資質を見込んでの決定と言うことだったが、シンを見るレイの表情は「なんでこんな奴が」と語っているようだ(笑)。
また二人の私室で乱雑なシンのスペースと、きちんと整頓されたレイのスペースの対比がおもしろい。

議長の見込みどおり、シンはキラを打ち破るほどのエースパイロットに成長し、
「ギルはいつだって正しかった」と確信する一方でレイは
密かに自分の運命に納得できない思いを抱えていた。
それがメサイアでギルを撃つことにつながっていくわけですが。

ちなみに今回のサブタイトルはSFの名作・「幼年期の終わり」と同じ。
ちょうど作者の訃報が飛び込んできたところですが。
関係があるか知らないけどギルはオーバーロードになれなかった人だな…。
しかし幼年期の終わりが同時に命の終わりだったとはなんという悲劇の人なんだ、レイ!
ちまきも意地悪なタイトルのつけ方するよなぁ(苦笑)。



posted by backtoCE71 at 23:44| Comment(2) | TrackBack(0) | THE EDGE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。