2006年02月10日

ロマンアルバム

徳間書店のロマンアルバムに監督夫妻の新規インタが掲載されているとのこと。
それによるとアスランはオーブを出て新しい活動の舞台を探しているらしい。
オーブ軍一佐留任という情けない事態は避けられてよかった。
でもラクスの息のかかったプラントで公職に就くことはやめてくれー!

またスーツCD最終巻には元クルーゼ隊でニコルの墓参りドラマを収録。
(キラのジャケット&歌で何故アスラン?それだけ需要があるのか?)
アスランのその後を示唆する内容が含まれているのか気になる。
ザフト復帰もやめてほしいけど…
ラクスが凱旋できる種世界なら脱走歴二回のアスランでさえどうにでもなりそう
だが決してそれに甘んじて欲しくない。
アスランは一度はラクス様キラ様に弓を引いていますから偉くなれませんよね?
(制作者のご都合主義ワールドの中から外れてくれという切なる願い)
posted by backtoCE71 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | アスラン・アスカガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13106905
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。