2006年03月09日

アニメージュ4月号・両澤インタ

追記
要約はシャア専用ブログさんで。
http://char.2log.net/archives/blog1043.html

以下、断片拾いものコピペですがどうぞ

両澤 カガリは元々代表の娘として育って、今は自分が代表ですから
「よし、任せろ、大丈夫だ」と無自覚に嵩に掛かってくる。
アスランがオーブにいるから余計そうなるんですが、
彼は絶対そういうの好きじゃないだろうとも思うんです。
カガリはカガリなりにアスランに甘えてるんですが、それはウズミとかキサカとか
「大人の男性に囲まれて育った彼女」の甘え方なので、
まだ若いアスランには判らないというか、振り回されるというか。
アスランはアスランでプライドもあるんで、
本当は寂しくても甘えたくてもまず言えない。
でもアスランだって当然弱い部分はありますからね。
結構皆に放っておかれて、あれで全く平気な訳はなかろうと。
――オーブを出る時に、ユウナに対抗して、カガリに指輪を渡していった
ような人物ですからね。
両澤 精一杯甘えてやっとあれ、というところですかね(笑)。
カガリにはそれが判らない。
「なんだ?いきなり、でも嬉しい、ありがとう」だけになってしまう。
アスランは確かにカガリのことを大事にしてるし、
大変な彼女の支えになりたいと思っているし、それは生涯変わらないと思います。
でも彼自身が本当に疲れて大変な時に、そのカガリに甘えられるか?と考えると、
それはどうにも難しそうだなと。

―─メイリンは「DESTINY」の後半になるにつれて、
アスランとの結びつきが深くなっていきましたが
彼女の役どころはなんだったんですか?

両澤 別の可能性…とでもいいますか。主にアスランのですが。
スタッフの方にも指摘されたことはあるし自覚はあるんですが
「DESTINY」「SEED」の女性はみんな気が強いというか、なんと言うか(笑)
ラクスはあんな一種お母さんみたいな、ちょっと厳しい女の子だったし…
まあ彼女はキラのほうへいっちゃいましたが。
カガリは国のことでいっぱいいっぱいなうえ、ある意味鈍感?というか、やっぱり
やわらかいとか可愛いとかの雰囲気の女の子ではないし。
なのでアスランから見て、彼が本当に癒されるというか、安らげる、
ある意味甘えられることもできるような女の子って、いないんじゃないかな?と(笑)

――アスランとカガリについては、以前のインタビューで「勘違いの恋」と
表現されていましたが、あの言葉を今一度、解説して頂けますか?
両澤 えーと、ただ知り合ってお互いに気持ちが通じ合えば、はいラブラブでハッピー、
にはならにでしょうという事です。
お互いに好きになった同士だって、その後の相手の色々な面を見て行く事になる。
お互いの周辺や別の面や、いわゆる現実というものが現れてくる。
それでも揺るがないのが本当の愛情だと思うので、
「SEED」の終わった段階まででは、この二人はまだまだだと。
まだお互いのことを知らなすぎるんで、その「好き」は盛り上がっての勘違いか本物か
まだ判らないよ、と言う事だったんですが。
二人を取り巻く現実は、キラとラクス以上に厳しいわけですからね。
――指輪とか渡したりしている場合ではないだろう、と。
両澤 ええ。こらこら、お待ちなさいと(笑)。
作中で指輪を扱う時は結構慎重なんですが、言ってみればあれは
最悪のケースですね(笑)。無論わざとそうしてるんですが。
大体なんでアスランはあそこで指輪を渡したいと思ったのか?
その心情動機は「愛情」と言うより「不安」な訳ですよ。
現実に立ち戻ると、あの二人の恋はとてつもなく不安なものなんです。
その現実の激流の中を行って、やはり揺るがなかったら本物、と言う事で
「SEED DESTINY」ではそこを描きたかったんです。
それでスタートの時は「勘違い」と行ったんですが、
ちょっと驚いちゃった方もいらした様ですね。
――決して、二人の恋が幻だったわけではないんですよね。
両澤 お互いに好きという気持ちは生まれたでしょうが、まだ入り口という事です。
彼らには彼らなりの愛情の形がある筈なんですが、
二人はそれを二人でこれから見つけて行かなくてはならないという事で。
私、別にあの二人の仲を裂こうとしていた訳でも何でもありませんし、
彼らの事も好きだから書いてますので、出来ればそこは、誤解しないで頂きたいなあと。


実物見てないので簡単に。
驚きだったのは、今まで腫れ物のような扱いだったアスランとメイリンの関係について
きちんと触れていること。
しかもアスランには安らげる相手?まるで都合のいい女扱いだ。
それでいてアスランのことを誠実な男って…
いつものことですが、この人はアスランをどうしたいのかさっぱりわかりません。

→詳細感想の記事へ
http://ath-hetare.seesaa.net/article/14658392.html
posted by backtoCE71 at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンダムSEED(アニメ本編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14538345
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。