2006年03月17日

「俺はカガリと添い遂げる!」─08小隊とアスカガ

1stガンダム・一年戦争のサイドストーリーとして制作された08MS小隊。
簡単に言うと正義感が強い熱血主人公シロー・アマダ連邦軍少尉が、
ジオンの女性パイロットアイナ・サハリンと恋に落ちるお話。
…ベタなストーリーですが、アスカガと比較・参考にしてみましょう。

第一話のサブタイトル「二人だけの戦争」は種24話(アスカガ初接触)のものと同じ。(パクリ?)
宇宙で機体を失い救援を待つ身となった二人は、敵同士ながらも生きるために
一時協力する。

地上に降りた後、二人は戦場で敵同士として再会。
二人の機体はもつれあうようにして雪山に不時着し、またもや二人きりで遭難する。
「アイナ好きだーーーーー!!」アスカガキスより唐突だったので驚きました。
会うのはまだ二度目ですよ?
ビームサーベルで雪を溶かしてお風呂を作り、すっかりいいムードになった二人。

だが無事帰還したシローは敵兵と接触したことによるスパイ容疑で諮問会にかけられる。
その席で「敵の中にもいい人間はいます!わかりあえるはずです!」と
発言し失笑を買うシロー。
自分の立場が分かっていない脳天気な発言ですが、不自然なマンセーをされない
だけマシです。
そういえばアスランもナチュラルに偏見を持っていて「キラは騙されている」とか
言ってましたね。
敵兵士にも故郷に帰れば家族や友人や恋人がいて、
自分と似たような生活をしている普通の人間だということは想像に難くないのですが、
この時代は敵国=鬼畜米英な教育を施しているんでしょうか?
近未来世界はネットが普及した現代以上に情報統制が難しい様な感じがするけど。

戦場での様々な経験、アイナとの触れ合いを経たシローは不殺の精神に目覚める。
(キラみたいだが、不要な殺生はしない程度の認識)
また戦闘中に「俺はアイナと添い遂げる!」という恥ずかしい名言を残しています。
戦争そのものに疑問を抱いた二人は、最終決戦でアイナ兄の暴走を止めた後、
とうとう軍を抜けて駆け落ちするのでした。
無責任と言えば無責任ですが、それも一つの幸せですね。


無知な国家元首カガリ、迷ってばかりの軍人アスラン、どちらも他人に迷惑だから
シローとアイナを倣って駆け落ちすればよかったのになあ。
オーブ&お父様LOVEのカガリを連れ出すのは難関だろうが。
(とM女史も言っていたような、強ち駆け落ちを考えなくもなかったらしい)
恋愛的アスカガではそれがベストの選択だったと思うよ、マジで。
特にアスランは…大局を見て崇高な理想のために行動する器じゃないってこと、
種死でさんざん見せつけられましたから。
身近な人間の幸せのために生きる小市民が分相応ですよ。
別に小市民を馬鹿にする気はないけど、人には向き不向きがあるってことで。
(なんかキラとかぶってるみたいだが、コイツは頼まれてもいないのに
いつのまにか「僕達の世界は…」とか言い始めるから始末が悪い。
本当の意味で小市民的な生き方をしていない。監督の言う事は間違ってます)
それを言いたいがために長々と08小隊の話を持ってきてしまいました。

一応元首に返り咲き英雄視されていますが、私はカガリの成長過程に納得していません。
セイランの権威を失墜させるためにかなり無理な展開で落とし描写をしたせいで
かえってカガリに付き従う人間の方が馬鹿に見えてしまいます。
今までの愚行を一切不問にされて悪役にかっこよく正義の鉄槌を下す
……まるでキララクじゃないか!
私はアスランとカガリには地に足をつけて頑張る人であって欲しいので、
存在だけで全てを肯定されるどこぞの電波異次元生物のようになってしまったら
そんなカガリ、アスランには要らんぞ。
あの狂信的なカガリ様マンセー・オーブ軍人に囲まれていると危ないのではと
心配でなりません。
今からでも遅くはない、カガリを危険な宗教国家から拉致するんだアスラン!
posted by backtoCE71 at 07:58| Comment(0) | TrackBack(1) | アスラン・アスカガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ガンダムの名言集
Excerpt: 「新しい時代を創るのは老人ではない!!」 (by クワトロ=バジーナ) いつもお世話になっております。感謝致します。 あなたの心を揺らす名言・格言・"いい"言葉であったら幸いです。
Weblog: 名言・格言・ことわざ・詩・ポエム集??山本五十六の語録・名言も??
Tracked: 2006-03-18 17:30

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。