2007年05月14日

種世界の設定2

SEEDの世界観は、コーディネイターやプラントの設定を見ればわかるように
SF色が強い野心的なものだったのだと思う。
だが本編は幼なじみの対立、非戦論など盛り込むのに精一杯で設定を生かす
尺がなかった。
総集編を削ったとしてもそれらを上手く描写できるかというと難しい気がする。
つまりSEEDって最初から設定班と監督脚本の方向性がずれていたのでは?
posted by backtoCE71 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンダムSEED(アニメ本編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/41815897
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。