2008年02月28日

THE EDGE Desire 2巻

ジエッジシリーズもこれで最後。
表紙はシンとレイで、裏表紙にキラとアスランがいます。
今回描き下ろしのアスランはこれだけ…

カラー扉絵がステラとマユ。目次ページにラクスとカガリ、ギル・タリア・レイ。

サブタイトルはすべて英語で統一。
ダムAに連載していたのキラ、イザーク・ディアッカ、シンのアカデミー時代話と
描き下ろしで最終話のレイ、からなっています。


描き下ろし:CHILDHOOD's END(アニメ0〜50話)

まず思ったのはアスランとシンの心情はモノローグでたっぷりと語られたけど、
対照的にレイとキラの心情はほとんど言葉で表現されていなくて、
代わりに絵(演出)で見せているということ。

クールで感情を表に出さないレイ、
「俺より大人びているくらいだ」とドラマCDでアスランに言わしめた彼が、
心はギルやクルーゼと出会った幼い日のままだったというお話。

アカデミーを卒業し、初めて機体を与えられたレイだが、
インパルスがシンの手に渡ったことを疑問に思い、議長に理由を尋ねる。
資質を見込んでの決定と言うことだったが、シンを見るレイの表情は「なんでこんな奴が」と語っているようだ(笑)。
また二人の私室で乱雑なシンのスペースと、きちんと整頓されたレイのスペースの対比がおもしろい。

議長の見込みどおり、シンはキラを打ち破るほどのエースパイロットに成長し、
「ギルはいつだって正しかった」と確信する一方でレイは
密かに自分の運命に納得できない思いを抱えていた。
それがメサイアでギルを撃つことにつながっていくわけですが。

ちなみに今回のサブタイトルはSFの名作・「幼年期の終わり」と同じ。
ちょうど作者の訃報が飛び込んできたところですが。
関係があるか知らないけどギルはオーバーロードになれなかった人だな…。
しかし幼年期の終わりが同時に命の終わりだったとはなんという悲劇の人なんだ、レイ!
ちまきも意地悪なタイトルのつけ方するよなぁ(苦笑)。



posted by backtoCE71 at 23:44| Comment(2) | TrackBack(0) | THE EDGE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 

 CEさんこんにちは。


 今日、ワタシの地元はとてもいい天気です。


と、は、言ってもどこまでも澄んだ青空というわけではなく、
どこかぼやあっとした感じの青空なんですが、
空気のほうは澄んでいてとても暖かな感じです。
場所によってはもう桜が咲いているところもあって、
なんとな〜く外に居たい気分になる、こちらはそんな日です。


 そんな日なんですが、ひとつふたつ早めに言って置かなくてはと思いたったのでお邪魔します。


 人〜つめ、銀たまのサブたいとるは(いきなりかいっ)※注意:長いです。


  『キャラクターはシルエットだけで
    読者に見分けがつくように書き分けよう』


だったのですが、かなり間抜けなことに
ワタシが見間違っている事実を一体
如何お詫びすればいいのか…。



>左から例、楽俊、エドワード、ルナ (間違い)

ではなく

<左からレイ、シン、アスラン、キラ (正位置)


でした。ほんとにもうしわけあr(ボカッ)

だれかにはげしくなくられたおと。



 イヤホンとにほんt(ドカッバキッベキッ愚者…)



―――平伏―――


 そして蓋〜つめ、こんなノリの書き方で始めましたが、この次はシリアスに核のでよろしくお願いします。

 深〜つめ、だから退治しないでクダサイ。(正座)


また来ます。


Posted by sei at 2008年03月11日 16:37

 ワ〜プの続きはここに書きます。


 ジ・エッジも本編の補間としてよい本だと思うのですが、
デザイアの方に至っては
本編『シードデスティ二ー』の完全な補完本として
他の人にも読んで貰いたい。
でないともったいないな、
といつか本編批判の時に書いた言葉を
今此処にあえて書き込ませて貰います。


なぜかというのはまた次回に。


済みません、一回長く書き込もうとして
頭がオーバーヒートしてしまいました。
頭をちょっと冷やしてきます。


なるべく早くリカバーしますので。


いろいろ対比で突っ込みたい所があるので、宜しくお願いします。

追伸:徹夜してしまって御免なさい。
Posted by sei at 2008年03月30日 07:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。