2006年05月17日

劇場版予想?

前にも書いたとおり劇場版の大まかなストーリーは二つ考えられます。

(1)逆襲のアスラン
再びキララクに反旗を翻したアスラン。三度目の正直でキラとの決着なるか?
根拠:
・監督はインタの発言によるとキラアス対決をさせたそうだ。
「アスランはいつまでもキラの後を付いて歩くような男じゃない」
「キラとは別の道を行く可能性が。彼の選択は残されている」
また種死で二人の対決が中途半端に終わってしまったことに不満そうだった。
・スポンサーなどの要請。キラアス対決は売れる。
・アスランは種シリーズにおけるシャアである。笑えるけど制作者の認識ではそうらしい。
・映画は種シリーズの完結編。最後に初代のW主人公をぶつけて死亡または行方不明で〆る。

(2)キラアスシンVS悪の組織
スーパーロボットな勧善懲悪ストーリー
根拠:
・人気は旧キャラ頼み。種死を支持したのも旧キャラ=正義の味方が好きなファンだから。
イザークらの扱いを見れば、制作者は過程や理屈はともかく正義側に立つことが
キャラにとってもそのファンにとっても幸せなのだと思っているふしがある。
・現在のファンはハッピーエンドを望む人が多い。旧キャラ同士の殺し合いは嫌。
(お気に入りのキャラを殺したくない脚本家もそう思っている)
・二時間で話をまとめるには単純なものがよい

さて、どっちに転ぶかな。
私は最後まで信念を変えずキラと戦って美しく散ってくれるのなら
断然(1)を支持するのですが…「俺は間違っていた!」と言って土壇場で和解されたら最悪だな。

どうせだったらキララクVSアスカガをやってほしいな。
最初二人は同じ目的のために共闘するんだけど
キララクに敗れ死ぬ間際、昔のように心を通わせる。
それで二人抱き合ったまま炎の中に消える…これギルタリと同じだ(笑)
まあいいや、あんな世界はキララクにくれてやる!
posted by backtoCE71 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 種周辺の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

アスラン・ザラ、ジャスティス出る!!

インフィニットジャスティス1/100初回版ゲットしました。
初回特典:専用スタンドつき。
暖かくなってきたしプラモ作り再開しようかな
フリーダム放ったままだった…。
CA260071.jpg
posted by backtoCE71 at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 種周辺の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

釣りじゃないの?

他で拾ったネタ。
公式サイトで連載中のD.I.Q.33話より

>「トリコロールのMSに乗っているから」主人公と呼ばれてしまう感もあった彼は
(デスティニーの主人公が誰だったかという解答は聞いてはいるが、一度提示された作品は
誤読や曲解も含めて視聴者の物であると思うのでここでは書かない)

彼=シンです。
制作者はついにシン=主人公と言う建前をかなぐり捨ててしまったようだ。
つーか放送前から自分たちがアナウンスしたことを覆して「視聴者の誤解です」って…。
こんなキラマンセー文を書くなんて、いったいどこの腰巾着かしらね…。←タリア風

ちなみにキャラを一言で表すとシン=怒り、アスラン=迷い、キラ=哀しみだそうです。
えええー、不感症のあいつが哀しみ!?
posted by backtoCE71 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 種周辺の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月08日

また監督が

別注カドカワ 総力特集 西川貴教 スペシャルゲスト福田己津央
http://char.2log.net/archives/blog1121.html

何か言っているらしいです。
制作者インタがある度にイチャモンをつけるのがこのブログの恒例になりつつあるので
書店で発見できたら読んで感想を書きたいと思います。
まー、スペエディと映画の宣伝が目的のインタでしょうから、
真面目に受け取る必要があるかもわからないけど。



長文を書きたいんだけど書けないよ。この週末頑張ろう…。
posted by backtoCE71 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 種周辺の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

別注カドカワ 福田インタの感想

原文はこちら
http://char.2log.net/archives/blog1121.html

監督は種をエンターテイメントとして作っているので、リアルを追求するつもりはなかった
ということらしいですね。

じゃあ前のインタで進化論を引き合いに出して正義の対立について語ったり、
プロデューサーが「戦争はなぜ起きるかを描きたい」と言っていたのは何だったのだろうか。
(その場その場で適当なことばかり言ってるから角川の社員にも呆れられるんだよ!)
そもそもエンターテイメントとしてもおもしろいとは言えないような気がするけど。

演出の意図がスタッフや声優に伝わらないって、ちゃんと意思疎通する努力をしているのだろうか。
種キャラが皆コミュニケーション不全になるのもわかる気がする。

スペエディで新しく付け加わった要素と言えば、アスランの日本語崩壊モノローグというかポエム
と平井画キララクしか思い当たらないんだけど(アスカガのあれはもう忘れた)。
本編とほとんど変わりがないのにテレビシリーズは忘れて欲しい、
自己満足で作った部分があるけどぜひ観て欲しいとはいかがなものか。
販促になるんだかならないんだかよくわからないインタでした。

ここからは偏見に近い私見です。

「キラは監督の自己投影」とよく言われるがそれは違うと思う。
このインタからも片鱗が窺えるけど、監督はストーリーはどうでもいい人なんじゃないだろうか?
例えば議長を撃つのはレイと最初から決まっていた(ラジオ)、決まっていなかった(ダムA)と
最終回放送直後、おそらく同時期に受けたインタで真逆のことを言っている。
また奥さんが書いた脚本をちゃんと読んでるの?と思うときが時々ある。
アスランの思想やキラとの関係性に対する見解も逆だ。
分裂してしまったアスランの性格は、福田家の家庭内不和を表している…かどうかは知らない。

話は監督に戻るが、この方は演出家出身らしく自分の演出萌えする人なのではないだろうか。
(よく言われることだが)あらかじめこういうイベント、シーンをやると決めているらしい。
その場合、キャラクターはかっこいい演出を盛り付けるための器に過ぎない。
つまり「かっこいい」のウエイトがあるのはキラというキャラではなく演出のほう。
ラクスは萌えキャラとして大好きなんだろうけど(いつもカプ相手のキラと共に平井画)。
だから贔屓の二人は内面描写がスカスカなのだ、きっと。
posted by backtoCE71 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 種周辺の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

帰ってきちゃったSEED120% 第11回

今回は劇場版予想。
過去のガンダム映画のどのパターンに当てはまるか?という話。
ファーストガンダム→総集編+新作カット
逆襲のシャア→TVシリーズその後
F91→全く新しいキャラ、世界観
など

超再放送はラクス×フレイ対談ということで期待していたのですが、
当り障りのない話で終わってしまった。
つーか、二人の声が区別つかん!

このガンダムのパイロットは女性に優しい人が多いとか、
わふわふ(田中)は家で自分の曲を聴いている(田原○彦思い出した)とか
他はあまり記憶に残らない対談でした。
posted by backtoCE71 at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 種周辺の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月30日

スペエディ2の放送予定

サブタイは「それぞれの剣」。14-28話まで

■放送日程
関東地区 TBS 7月30日(日) 深夜1:50〜3:40
        *関東地区のみ1日での一挙放送です。ご注意下さい。

関西地区 MBS 7月27日(木) 午前9:55〜10:50
           7月28日(金) 午前9:55〜10:50

3は「運命の業火」だそうです。ステラのことかな?
posted by backtoCE71 at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 種周辺の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

帰ってきちゃったSEED120% 第12回

ネタがなくなってきたのか、今回は超再放送の未公開音源特集。
石田さんは全然似ていないシャアの物真似を披露して「ヤバイ、業界から消される」と慌てたり、
ミーアコンサートの映像に合わせ太い声で「L・O・V・E・ラクス!」
「これ台本ですから。アスランは絶対言わない、そういうキャラだったら別の展開になってるよ」
とコメントしたり…でした。
さて次回、リョーコとタカハシにネタあるのか?(メール紹介特集だそうです)

今回の超再放送はアーサー役の高橋さんとユウナ役の野島さんでした。
野島さんは二役を演じているので、ミネルバブリッジの同僚でもあります。

高橋さんの発言
・アーサーの「ええええ!?」はクールなキャラが多い種死のなかで、視聴者に
「これは大変なことなんだぞ」と知らせる重要な役目を担っている。
・設定資料でアーサーがメイリンのオペレーター席にもたれかかっている画があったので
この二人は後で何かあるの?と思っていたら結局なんにもなかった。

野島さんの発言
・アーサーの「ええええ!?」は本家の高橋さんより上手いと自信満々。
・今日、この番組の収録まで劇場版公開決定を知らなかった。
・ユウナが死ぬときに「グフっ!!」と叫びたかった。
(倒れてくるMSがグフだと収録後まで気付かなかった)
・実はカガリがユウナの子供を妊娠していて、劇場版はその子ユウナ役で出るつもり。

なにげに野島さん爆弾発言です。
posted by backtoCE71 at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 種周辺の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月05日

種ニュース8/5

スペシャルエディション3は11月放送予定
http://char.2log.net/archives/blog1162.html

アフレコは7月14日に収録済みらしい。諏訪部順一氏の日記から。
http://diary4.cgiboy.com/0/suwabe/index.cgi?mode=out

2のEDテーマジャケット絵は平井アスラン。
http://www.animate.co.jp/newrelease/newitem/av/av0824/av0824.html

やっぱり横髪がウザすぎ!
posted by backtoCE71 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 種周辺の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

キャラホビで劇場版情報?

シャア専用ブログさんの記事より。
・バンダイビジュアルブースのスペシャルエディションのパネルに何故か白服キラのイラスト。
・既出の映画告知に「三人の絆が今、試される」のコピー追加。

キラ、劇場版でザフト入り!?
ラクスと一緒にいる可能性は半々だが、縁もゆかりもないプラントで公的な立場を得ることは
ほぼないと予想していたので本当だとしたら意外。
キラは組織の中で生きるより個人として大切な人を守るキャラのはずだけど、
アスランがアレックスのままでいられなかったことを反面教師にしたのか。
でもキラはアスランとは性格が違うしなぁ。ラクスのためなら影になれる男でしょ?
「僕は戦う」と宣言したが、そのために必ずしも軍人になる必要はないはず。
やっぱり一私人がMSを乗り回すことへの批判回避でしょうか?

「三人の絆〜」のコピーから想像できるのは、最初はキラアスシンの陣営がバラバラで
痴話喧嘩の末最後に共闘するというストーリー。種死と同じパターンになりそうな…
(あの三人に絆なんてどこにあるの?というツッコミはともかく)
ということは、バランスを考えるとシンはオーブ?
監督インタによると、アスラン=オーブはありえないからだ。
シンは何事もなければあのままザフトに残ると思っていた。
カガリとの和解シーンがない以上、それがいちばん自然かなと。
シンは自分が信じていた力を否定されはしたが、それと「やっぱりオーブがいい」という結論に
達するのはまた別なはずなのだが。
アスランは新たな第三勢力にいるのかな?

都合次第でキャラの設定はいくらでも変わるので、真面目に予想するのも馬鹿馬鹿しいけどね…
posted by backtoCE71 at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 種周辺の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

ビクターより種歌コンプリ発売

■11月22日発売 決定!! 機動戦士ガンダムSEED 〜 SEED DESTINY THE BRIDGE Across the Songs from GUNDAM SEED & SEED DESTINY

http://www.jvcmusic.co.jp/m-serve/thebridge/

ビクター発売の曲が全て収録されるようです。まだ曲目はでていませんが
そういえば焔の扉はコンプリートベスト未収録でしたね。

アスランのキャラソンがあったら欲しいけどなあ(笑)。
posted by backtoCE71 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 種周辺の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

1/100プレート

写り悪いですが1/100∞正義&運命プラモに付属したプレートです。
運命は平井氏描き下ろしらしいのにアスランは公式などでよく見る絵の使いまわし
なのはなぜ?
CA260087.jpg
posted by backtoCE71 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 種周辺の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月30日

種ニュース9/30

スペエディ3の放送はTBS・MBS共に10/8だそうですね。
フレッツではいつ見れるんだろうか…まだアナウンスはない
■放送日程
関東地区 TBS 10月8日(日) 深夜26:20〜28:10
関西地区 MBS 10月8日(日) 深夜25:30〜27:20
*深夜のため、放送時間が変更になる可能性もありますので、ご注意下さい。

■DVD
 2006年11月24日発売決定! 発売元:バンダイビジュアル梶@

EDテーマジャケ画のアスランが別人みたい
http://www.sunrise-anime.jp/news/xplosion/home.php?offset=0#1519
劇場版ではこんな顔になっているのかしら…。
また、公式サイトDIQによるとスペエディはすでに4まで完成済みだそうです。
意外に早い…ということは新規画が少なそうだな、と想像がついてしまう
posted by backtoCE71 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 種周辺の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

帰ってきちゃったSEED120%!最終回

ついに最終回。ということで久しぶりに見ました。
前半はリョーコとタカハシが今までのパ○リネタの軌跡を振り返る特集。
いえ、パ○リでもおもしろいからいいですけど。
アスカガのラブラブ天驚拳は可愛かったなあ。
プロデューサーからストップがかかったという未公開画像も公開。
明らかに劇場版Zの構図そのままとわかるものなんかもありました。

超再放送は保志さんと関俊彦さんで、最終回「最後の力」。
最終回アフレコ前、出演者から「これでほんとにあと一回で終わるのか」
と不安の声がたくさん上がっていたそうです。

保志さんが自分の機体のプラモを持っているという話に関さんは驚いてました。
(1/60ストライクやフリーダム、間接が光るストフリライトニングエディションまで!)

関さんは第一回放送前、レイとメイリンが恋愛関係になるかも?と言われたことを暴露。
それで折笠さんのところへいってよろしくと挨拶したそうです。
あれ?どこかでアスランとメイリンの脱走は初めから決まっていたと聞いたような…

☆「だからシンに(アスランを)やっちゃえってけしかけてたんだ」
関「保志君がそういうことを言うと、同人誌作ってる人たちは喜ぶんじゃない?」
☆「いえ、レイはシンとかが多いですから」
関「ああ、そっちのほうか」

同人の主流が801だということを知らないピュアな関さんかわいい。

スペエディ3は来週13〜15日に配信。約一週間遅れで見られそうです。
posted by backtoCE71 at 07:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 種周辺の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月12日

ニュータイプロマンスが気になる。

NTロマンスという季刊誌に、ちまきの種イラストとインタビューが掲載されているのは
本人サイトで既に告知済みですが、イラストの中にアスカガ結婚式があるそうです。
実は、他所様のブログですでに拝見したんですが。
ギャグっぽい絵で、緊張のあまり中指に指輪をはめようとするアスランかわいい。
他のイラストやインタも気になるのでとりあえず立ち読みしたいな。
残念ながら地元の本屋においてなかったので週末まで持ち越し!

それとちまきのもうひとつのお仕事、表紙イラストだけ見られますが
http://shop.kodansha.jp/bc/aoitori/index.html
なんかアスランみたいな髪が青い男がいる(笑)
posted by backtoCE71 at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 種周辺の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

ガンダムエース07年1月号

ジエッジ外伝の記事は別に書きます。

1月放送のスペエディ4情報で新規カット紹介。
待合室のような場所にパイロット勢が集まっていて
・キャラホビで既出の白服キラ
・オーブ軍服のアスラン、階級は准将?キラの移籍で繰り上げか?
・ミニスカをやめたルナマリアとメイリン
・フェイスをやめた赤服シン
あとはドムトリオがいます。オーブ所属はアスランだけ。
たぶんキャラホビ既出・キララクハグの前のシーンなのでしょうね。

キラ役、保志さんのインタより
実はDESTINIYでは、心配なことがあったんです。
キラって他のキャラより一歩突き抜けた、揺るぎない強さを持つキャラになって
しまったじゃないですか。
だから、等身大のキラを好いていた視聴者が離れてしまうんじゃないかなって。
でも、キラが変わらず人気だと聞いて、安心しました。

実際、離れた人はいるぞ。ほら、ここにも一人…。
それでも好きな人のほうが圧倒的に多いんだろうか。
もう一人、スターゲイザーの主役・スウェン役の小野大輔さんのインタもありました。
綺麗な御顔の方ですね。マウスプロモーション所属だから、石田さんの後輩に当たるのか。
SEED本編を見ていて思ったのは「これはヒーローものだな」ということでした。
まったくその通りです。断じて、戦争をリアルに描いたアニメではない(笑)!

またMGストフリ紹介記事でによると、初回版を買うとガンプラエースがもらえるそうで、
イラストギャラリーをちまきと小笠原智史氏が手がけているらしい。
先日の日記絵の正体はこれかな?
posted by backtoCE71 at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 種周辺の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月31日

種ニュース

疲れてるので短く

ファンディスクのジャケットはなぜかアスラン。
http://www.presepe.jp/m44/show/id/bMiuQ4GUjeU%3D
やっぱり大貫絵は老けたよ…。

まゆたん何やってんだw
http://blog.mayutan.com/
いちおう映画は製作中らしい。監督が見栄はってなきゃ、ですが
posted by backtoCE71 at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 種周辺の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月09日

監督メッセージ

六月に入ってやっと初めての更新です。
色々あるけど拾い物ネタ
アニメディアより、久しぶりに飛ばしてる監督インタ

福田監督
「本当に嬉しいです。番組が終了してもう二年近くになるのに、変わらず応援してくださるみなさんがいて下さる事は、
本当にありがたい。作品冥利につきます。
 人気の秘密……は、僕たちは別に無いと思うんですが。ただ常に当たり前のことを、きちんと頑張ってやるだけです。
しいて言えば、可能な限り考え抜いたシナリオと構成。演出と正統なデザイン、絵づくり。納得いくまでこだわった音楽と楽曲。
そして、キャラクターとセリフの意図をしっかり把握して表現する役者が、結果として皆さんに伝わった、ちゃんと届いたと
言うことなのでは無いでしょうか?。
 劇場版については、思うところは色々とありますが、まだ話せることはあまりありません。創るにあたっては、ドラマとは?
エンターテインメントとは? という、基本に立ち返って考えています。最近はドラマとストーリーを混同し、エンターテインメントと
バラエティーをはき違えてるようなものも多く見かけます。キャラクターがバラエティーのノリで画面を賑わしたりするだけとか、
状況からキャラの感情まで、何でもかんでもセリフで説明してしまうような事は、なるべくやらないように戒めています。
後は……ごめんなさい、待ってて下さい!
 映画は一応テレビシリーズの続編ですが、独立したメディアでもあります。ですから『SEED』も『DESTINY』も知らない人が
見ても、それなりに楽しめるものにしたいと思ってはいます。内容に関しては公開まで一切、秘密です。それはご自身で
劇場で観て、楽しんで頂くのが一番かと。又頑張りますので、どうか楽しみに待っていてください」
posted by backtoCE71 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 種周辺の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

公開日また延期?

http://www.cinematopics.com/cinema/koukaibi/koukaibi.php?year=2008&month=12&koukaituki=2

種映画の公開時期についてオフィシャルサイドからは何の発表もなく、
2007年12月公開説の根拠となったのが上記(同じとこだったかな?)のような
映画情報の総合サイト。
つい先日、公開時期が来年末に移動していることが判明。
企画倒れ寸前か、果たして公開までこぎつけることができるのか!?
posted by backtoCE71 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 種周辺の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

アニソンベスト500

アニマックス企画のこの番組をずっと見てました。
西川貴教司会の影響か歴代アニメ名曲を抑えて1位がINVOKE、3位がイグナイテッド
ちなみに2位はちまきも好きなドラゴンボールのチャラ-ヘッチャラ
4位が残酷な天使のテーゼ

劇場版種に話題が及ぶと
西川「いったいいつ出来るんでしょうね〜?」
なんかもうネタ扱いです
posted by backtoCE71 at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 種周辺の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。